ヤンバル動物診療所は、愛するペットのからだ・こころ・環境をトータルに考え、飼い主とペットに最善なる獣医療を提供していきます。
ヤンバル動物診療所メニュー
ヤンバル動物診療所マップ 沖縄県名護市大北1-9-17
0980-53-1536

 

ホーム > 人とペットとやんばる道
当院からのお知らせ
このコーナーでは地元の方はもちろんのこと、やんばる以外の県民や本土の方がやんばるに動物を連れて遊びに来たり、今からやんばるでペットを飼おうと思われている方へ、自然界ととうまく付き合うためのメッセージです。
 
 ダニに注意!!!
本土の方ではあまり見られないほどのダニが沢山います。地域によってはダニを介して感染し赤血球を破壊して貧血を起こすバベシア症が多く見られます。前もって獣医さんに相談し、しっかり予防しておきましょう。
 
 寄生虫に注意!!!
回虫、鈎虫、鞭虫、マンソン裂頭条虫、コクシジュウムなど、いろんな寄生虫が存在しますので、帰ってきて下痢などした場合は必ずその便を持って獣医さんに相談して下さい。
 
 川や池などの水辺で人も犬も感染するレプトスピラ症に注意!!!
2003年にやんばるで子供達を中心に感染し、完治するまでに2〜4週間入院して話題になった病気です。翌年は同じ川で那覇市内の犬が2匹感染し死亡しています。レプトスピラには多くの血清型があり、地域性もかなりあります。やんばるではヘブトマデス型が主ですのでワクチンの種類によっては対応していないワクチンもありますので、やんばるに行く一ヶ月前もしくは最低3週間前には獣医師に相談して下さい。
 
大切なことはこの情報で動物は飼わないとか川に入らないとかではなく、正しい知識を得ることが大切です。人もペットもやんばるから帰ってきて約3週間以内に具合が悪くなった場合は病院に行って、取りあえずやんばるの川で遊んだことを伝えて下さい。そうすれば早期治療により風邪みたいに治るケースもあります。
レプトスピラ症は感染し発見が遅れると、とても恐ろしい病気ですが正しい知識を得ることによって、予防し確実に対応できる病気です。
 
 在来種とペットの保護を!!!
やんばるの森にはヤンバルクイナをはじめ、やんばるで独自に生存してきた動物たちがいます。その動物たちが今、急激な環境変化と人よって待ち込まれたマングースや捨てられたペットによって絶滅の危機に追いやられています。また、やんばるの森はハブの咬傷事故、イノシシ狩りの罠に掛かったり、釣り針を飲み込んだりなど危険が一杯です。
自分のワンちゃんやネコちゃんを守るためにも逃げないよう放したりせず、しっかり管理しましょう。